札幌の法人アフィリエイターの個人的な日記。

Take it Easy!

ブログ

コピーコンテンツへの対応とその結果について

投稿日:

先日、当社が運営するサイトから、無断で画像と記事を使用した、いわゆるコピーコンテンツを発見しました。

今回の対応について、メモしておきたいと思います。

ベテランアフィリエイターなら対応策などはもう熟知していることかと思います。

しかし、私はまだ中堅ですので、再びこのようなことが起きた際の対応策として、一応メモしておこうと思いました。

コピーコンテンツへの対応

サチコの被リンクをチェックしていた時に、コピーコンテンツを発見。

すぐにその他に無断利用されていないかをチェックしたところ、複数の記事をコピーされていました。

SEOチェキでサイト情報をチェック

ここで、レンタルサーバーとインデックス数がわかります。

今回は、KAGOYA JAPANだと言うことがわかり、即サーバーに連絡を入れました。

削除申請には書面が必要となりますが、とりあえず準備している間にサーバー側から自主的に削除するように伝えてくれています。

その際に、一言余計なことを付け加えました。

【削除要請に従わない場合は、弁護士を用意して個人情報の開示等を請求致します。】

弁護士を利用した場合、相当お金がかかると思われますが、そんなのは気にしません。

徹底的につぶす。

やられたら100倍返しにして、アフィリエイターとして機能しない状態へ追い込みます。

コピーサイト内のASPをチェック。

色々なASPを利用しており、調べた全てのASPに連絡を入れました。

会員停止に追い込むため、サーバーと同じようなことを伝えています。

また、ASPからもコンテンツの削除を行うように伝えてくれるようです。

会員停止には恐らく協議が必要とのことです。

DMCA申請を行う。

こちらの情報が開示されてしまいますが、インデックスされている状態なので、DMCA申請を行いました。

とは言え、これ、申請却下になる可能性が相当高いです。

まず、相手は引用元として当サイトにリンクを送っています。

例えコピーサイトでも、引用元を明記していた場合、通らないことが多い気がしています。

実例が少ないので何とも言えませんが、DMCA申請は気休め程度なのかな、と。

書面を記載。

更に本格的に削除申請を行うため、サーバへ書面を送ります。

準備する時間が勿体ないのですが、相手を完膚なきまでに叩き潰すためにやらざるを得ません。

書面が出来上がり、印刷する前に終了。

書面が出来上がり、これから郵送しようと思いましたが、チェックしたところ、申請しようとしていた記事が削除されていました。

弁護士に依頼して個人情報の開示を請求する文面が効いたのかな、と思います。

サーバーよりも先に、ASPの方が連絡していたはずですので。

サイト上にはまだ当サイトから無許可で転載したコンテンツがあります。

これらは一部のみなので、まああまり気にしなくても良いかな、と思い、書面の郵送は見送りました。

 

とりあえず、一件落着かな。

-ブログ

Copyright© Take it Easy! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.